膀胱に炎症が起こる

膀胱炎は、膀胱に炎症が起こってしまう病気です。

病名だけは耳にした事があるのではないでしょうか。

尿道が短いという点から、女性に多く見られる傾向がありますが、もちろん男性の方も膀胱炎にかかる可能性はあります。

膀胱炎の原因についてですが、様々なものがあります。

女性の方でしたら月経が関係することも。

他には性交や過労、膀胱尿管逆流、尿流障害などが要因となってしまい、膀胱内に大腸菌が入り込んでしまい炎症が起こってしまうということがあるのです。

他にも、薬物アレルギーなどが原因となることも。

さて、具体的な症状についてお話していきましょう。

先ずは排尿痛です。

尿をするときに痛みを感じて中々排出できないという方も。

また、いくらお手洗いに行ってもすっきりとした感覚が無い残尿感などを覚える場合も。

更には、血尿や尿失禁、頻尿、尿そのものが濁るという事も。

そして、発熱や腰痛などが伴うケースもあるのです。

これら症状がある場合は直ぐに病院を受診してください。

しかしながら、慢性化してしまうと自覚症状が無いという特徴もあるのです。

治療方法ですが、排尿を促す方法と言うものが持ちいられる事が多いようです。

多めに水分を摂取することもありますし、利尿剤などを用いることもあるでしょう。

細菌性の場合ですと、免疫力を高めるという事も行われます。

睡眠や栄養を十分に摂取し、規則正しい生活を送るよう指導をされるかと思います。

膀胱炎は、治癒するまでは成功や飲酒、更には刺激物の摂取などは止める事となります。

大腸菌が原因となっている場合ですと、これらにあわせて抗菌剤を投与されることがあるでしょう。

排尿を我慢したりというところからも膀胱炎になってしまうこともありますから、排尿タイミングに合わせてお手洗いにいくようにしましょう。

また、ストレスなどを溜め込まないようにすることも膀胱炎の予防となりますので、質の良い睡眠や栄養バランスの取れた食事などを心がけると良いでしょう。