急に漏らしてしまう

切迫性尿失禁という病気があります。

これは、尿がたまっているのにも関わらず、ギリギリまで気がつかずに急に尿意をもよおす病気です。

そこで、トイレに間に合わなくなって漏らしてしまうのです。

また、尿意をかもよおすと「直ぐ」に出てしまう為に、頻尿になってしまうという事も。

一度に大量の尿を漏らしてしまうという点から、人前に出ることに恐怖心などを抱いてしまって、家の中に引きこもってしまうという方もいらっしゃるようです。

場合によってはこのような状態からうつ病などを発症することもあるのです。

考えられる原因は、神経回路の障害です。

神経回路は排尿を司っている部分ですので、これが原因だと思われることが多いようです。

高齢者などによく見受けられるのですが、その限りではありません。

膀胱がんや、尿路結石・膀胱炎などによる炎症症状から、切迫性尿失禁をおこしてしまうことも。

それでは具体的な症状についてお話していきましょう。

先ずは、前触れ無い尿意・我慢しきれずに漏らしてしまうことが多い。

また、一度の尿量が多いというのが特徴です。

更に、尿がたまっていなくても漏れてしまうという特徴がありますので、トイレへ行く回数などが増える場合も。

日頃の生活にも影響が出やすい切迫性尿失禁ですが、もちろん治療法はあります。

その基本が薬物療法です。

膀胱の収縮の抑制などをウナ額薬物や、尿を溜めるという機能を政情にもどすための「尿意を我慢するための訓練」というものを行う場合もあるでしょう。

先にも触れましたが高齢者に多い病気だと言われていたのですが、今では若い年代でも患う人が増えています。

このように、自分が高齢者と言う年代に達していない場合でも、切迫性尿失禁になる可能性はありますので、症状と思わしきものを感じたら直ぐに病院にかかることをおすすめします。

きちんと治療を行うことで、日常生活に障害や不便さを感じることもなくなる場合も多いので、しっかりと治療に取り組むことが大切です。