急性と慢性の2種類ある

腎不全という言葉を聞くと、腎臓の機能が全て停止した状態を指すものだと思っている方もいらっしゃるでしょう。

しかし腎不全の定義は、「正常の30%以下」であることを指します。

では、このような状態になってしまうと、どのようなことが起こるのでしょうか。

先ずは排尿の量が減ってしまうこと。

このことで、ロイ廃物や毒素が血中にたまってしまい、場合によっては生命の維持が困難になってしまうのです。

腎不全には2種類あり、治療によっては感知する可能性がある「急性腎不全」と、治る可能性が低い「慢性腎不全」に分けられます。

急性腎不全の場合ですと、脱水や出血、肝硬変などによって腎臓に対する血量が減少して起こる腎前性腎不全。

毒物などによって尿細管が壊死してしまう腎性急性腎不全。

結石や前立腺肥大などで尿路が閉塞して起こる、腎後性急性腎不全などがあります。

慢性の場合は、糖尿病性腎症や慢性腎炎などが原因となるのです。

腎不全の症状に関して触れていきましょう。

急性の場合ですと、尿毒症状が現れるというところから、全身の倦怠感・食欲不振・血圧の向上・むくみ・息苦しさなどが引き起こされます。

また、場合によっては不整脈や最悪の場合ですと心停止などの可能性もあるのです。

慢性の場合は、頭痛や吐き気、嘔吐、全身の倦怠感などが現れます。

病状が悪化すると、痙攣などを引き起こしてしまうことも。

腎不全の場合、治療方法も急性と慢性によって違ってきます。

急性の場合は、治療と予防が中心となります。

保存療法ですとか透析治療による老廃物の除去などが中心となるでしょう。

慢性の場合ですと、食事療法や血液・腹膜透析、血液濾過などにより血液浄化療法、薬物にやる療法などが行われます。

腎臓の根本的な治療としては、腎臓移植などと言う手段が持ちいられる事も。

症状が現れにくいというところから、初期の状態で気がつくことが少ない臓器ではありますが日頃の定期健診などから見つけることも可能です。